忍者ブログ

モッサンの果樹栽培

消失した地味なブログを地味に復旧しています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツ大玉スグリ

CIMG1542.JPG

2004年に緑山ハーブガーデンナチュラパスより購入。2007年に初収穫した。

色や形はアメリカスグリの「ピクスウェル」と変わらないが、果実の大きさが全然違う。デカイ!直径で2倍はある。

葉の形なんかもほとんど同じで、果実がなるまでピクスウェルと区別がつかない。。。と思ったら、違い発見!

新芽が動き出す時期が早い。これは育成地(ヨーロッパ)が寒冷地だからだろうか?明らかにピクスウェルより10日は早い。

今年も食いごたえのあるデカイ実をたくさんつけてほしいもんだ。

ところで、僕はこの「スグリ類」にちょっと不満があり、それは「品種名がハッキリしているものが少ない」ということ。

「ドイツ大玉」って、まさかこれが品種名ではあるまい。

イギリスとかのナーセリーサイトを覗くと、ちゃーんと品種名が明記している。

品種にこだわる僕としては、こうであってほしいのである。

もう、輸入しちゃおうかな・・・メンドクサイケド・・・英語ワカランケド・・・・・

拍手[0回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ブログ内検索

忍者アナライズ